冴えない東大院生くるまっさのブログ

資格試験や大学院入試の対策方法の紹介を中心としたブログ

修士論文発表会が終わりました

 

こんにちは、くるまっさです。

 

本日、ようやく修士論文発表会が終わりました。

この瞬間をどれほど待ち望んでいたことか、、、

 

 

発表会は、発表20分+質問10分で、修士としては標準かやや短めだと思います。

 

一番怖いのは質疑応答ですが、こちらは比較的穏便に終わりました。

4名ほどの先生方から質問を頂きましたが、どれも比較的単純な質問でしたので、しっかりと回答できたと思います。

 

キツかったですが、最後に自分の言葉でじっくりと論文を書いたのが、かなり良かったかなと思います。

 

修士でできる内容は本当に些細なものに限られますが、裏側の原理をしっかり理解することで、研究の意義や今後の方向性がハッキリと見えてきます。

これから修士論文を書くという方には、ぜひ徹底的な原理の理解をオススメしたいと思います。(これは結果として論文発表会に対する自信にもなります)

 

いずれにしても、長かった修士研究は終わりました。

 

しばらく、自由を謳歌しようと思います。