冴えない東大院生くるまっさのブログ

資格試験や大学院入試の対策方法の紹介を中心としたブログ

大学院は結構つらいよ、という話

 

こんにちは、くるまっさです。

 

ここ数日は、修士論文の中間発表に向けて、ヒーヒー言いながらスライドを作っていました。

 

今日、研究室の教授にチェックしてもらうのですが、確実に修正点がぽろぽろ出るはずで、今から憂鬱です(笑)

 

まあでも、こうして成長できる環境があるのは非常にありがたいことです。

 

 

さて、今日は「大学院(修士課程)をあまり軽く考えない方が良いよ。つらいよ。」という話をします。

 

 

 

なぜ大学院(修士課程)に進学したか

 

そもそも私が修士課程に入った理由ですが、実はあまり深い理由がありません。

 

父が理系の技術者(&研究者)で博士号を持っているような人間なので、私は生まれた時から、「お前は大学院まで行くんだぞ」と言われて育ちました。

 

なので、自分としては「大学院卒業までが通常のルート」でした。

 

そして、自分が理系の人間なのは物心がついた時から自覚していたので、いわゆる「理系に行くか、文系に行くか」で悩んだこともありません。

 

 

恐らく、小学校に入る前から、「自分は将来、理系の大学院に行くんだなぁ」と思っていたはずで、その通りに歩んできたに過ぎないのです。

 

 

大学院は大変です!

 

修士課程がこんなにきついとは思わなかった。

 

 

学部4年の時に修士課程の先輩方をたくさん見てきましたので、修士課程がどんな感じなのかはわかっているつもりでした。

 

そして、こう言っては少々失礼ですが、私が学部4年の時に所属していた研究室は、そこまで結果を求められない文化でした。

 

中には、「え、なんか考察が浅くないか、、、?」というような先輩の研究もありました。

 

ですから、私はすっかり「なーんだ。修士研究も、卒業研究に毛が生えた程度のもんなんだなあ」と思っていました。

 

 

ところが、今の研究室ではかなり厳密な議論が要求されます。

 

「理系の人間なら、もっと定量的に議論しろ」

 

と、何度も注意される日々。

 

もちろん、定量的な議論をしなければいけないのは当然で、注意されるのは100 %自分の責任です。

 

ただ、学部のころにこのような指導をされてこなかったので、「自信をもって報告した内容を秒で論破される」というこの状況が結構つらいです。

 

いや、このような指導をしていただけるのは、本当にありがたいことなんです。

でも、やっぱりちょっとヘコむ。

 

学部のころに思っていた修士研究とは、まるで違います。

 

 

本当にのめりこめることじゃないと、研究を続けるのは難しいな、と強く感じます。

 

 

大学院に来る意味について

 

正直、この状況になる未来がわかっていたら、大学院に進学していなかったかもしれません。

 

これから私が進む予定のキャリアにおいて、修士号を持っていることはほとんど意味をなさないでしょう(まだわかりませんが)。

 

この春にはメンタルを壊していますし、(下の記事参照)

 

www.kurumassa.xyz

 

今も、中退したいと思うことは何度もあります。

 

 

ただ、正直こればっかりは、実際に大学院にこないとわからないことでもあったな、と思います。

 

学部4年の時点で、研究がどういうものかなんて実感できませんでした。

 

やってみないと、わからなかったと思います。

そして今、研究とは何であるかを肌で感じています。

 

そういう意味で、私は大学院に来たことを一切後悔していません。

 

中退という選択肢はありますが、それは本当に最終手段だと思っているので、とにかく今はこの環境を最大限に活かして、存分に「研究とは何か」を吸収したいと考えています。

 

 

これから大学院に進学するひとに伝えたいこと

 

修士の生活がどうなるかは、正直なところ研究室に大きく依存します。

 

ただ、基本的には「簡単なものではない」です。

 

ある程度、覚悟を持って進学してもらいたい、と思います。

 

 

 

私の場合、あまりにも修士課程を舐めていましたので、想像とのギャップに苦しんでいますが、覚悟をもって進学すれば大丈夫なはずです。

 

院試が近い人は、悔いのないようにがんばってください!