冴えない東大院生くるまっさのブログ

資格試験や大学院入試の対策方法の紹介を中心としたブログ

映画「天気の子」予報で登場する場所(聖地)をGoogle Map 3Dと比較


ついに、「君の名は。」で有名になった新海誠監督の新作、「天気の子」の予報(予告編)が公開されました!

新海作品の特徴の美しい作画に加えて、普段から見慣れている風景も多かったので、今回は予告編で登場した場所をGoogle Map 3Dと比較してみます!

聖地巡礼などで役立てていただけますと幸いです。

ちなみに、代々木がかなりキーポイントになりそうです。


また、予報の映像は以下からご覧いただけます。

 

 
 

天気の子 聖地紹介 六本木ヒルズ・東京タワー (0:04)

 
天気の子 モデル 六本木ヒルズ・東京タワー

 

天気の子 モデル 六本木ヒルズ・東京タワー Google Map
 
 
 
予告編はじまってすぐの、もやっと霧がかかったこのシーン。Google Mapでは、青山霊園周辺から南東方向を望んでいます。
 
予告編の動画で、右手前に大きく映っているのは六本木ヒルズ森タワー、奥には東京タワーが見えます。東京タワーの左奥で建設中の建物は、日本生命浜松町クレアタワーだと思われます(現実世界では完成済み)。

クレアタワーのおかげで、私のお気に入りだった世界貿易センタービル東京會舘からの夜景が台無しに、、、
 
それはさておき、代々木駅周辺からレインボーブリッジを見ても、ほぼこの構図になります。



 

天気の子 聖地紹介 レインボーブリッジ(0:15)

 
天気の子 予告編 レインボーブリッジ

 

天気の子 モデル レインボーブリッジ Google Map
 
 
 
0:15の夜景はレインボーブリッジの南側から北西方向です。今までの新海作品で湾岸地域が登場したことはほとんど無かったと思うのですが、どうだったでしょうか。

船に乗らない場合でも、台場公園の端っこからであれば割と近い画になります。あるいは、レインボーブリッジ北側の歩道を歩いてもいいかもしれません。
※意外と知られていませんが、レインボーブリッジは徒歩でも渡れます!
 
代々木駅方向を見ると、ほぼこの構図になります。


 
 

天気の子 聖地紹介 代々木駅から南東方向(0:17)

 
天気の子 予告編 代々木駅から南方向

 

天気の子 モデル 代々木駅から南方向 Google Map
 
 
日が差し込むこのシーンは、代々木駅周辺から南東方向を望んでいます。

左奥にむかっている線路が中央線など、右奥に向かっているのが山手線などの線路になります。右奥に見えている森のようなものは、代々木公園(明治神宮)になります。

 
 

天気の子 聖地紹介 代々木駅から東南東方向(0:21)

 
天気の子 予告編 代々木駅から南東方向

 

天気の子 モデル 代々木駅から南東方向 GoogleMap
 
 
見えづらい窓ガラス越しの風景ですが、NTTドコモ代々木ビル(ドコモタワー)新宿御苑が見えます。
 
代々木駅周辺から東南東(国立競技場)方向です。
 




天気の子 聖地紹介 代々木会館(0:26)

 
天気の子 予告編 代々木会館

 

天気の子 モデル 代々木会館 Google Map
 
 
 
ちょっとGoogle Mapで映像の構図をとるのは無理がありましたが、女の子が階段をのぼっている建物は、代々木会館をモデルにしていると想定されます。映画公開後は代々木会館に大勢の人が訪れそうです。

線路の向こう側に見えている大きな建物は、ドコモタワーです。


天気の子 聖地紹介 代々木会館から北北西方向(0:27)

 
天気の子 予告編 代々木会館から北方向

 

天気の子 モデル 代々木会館から北方向 Google Map
 
映像の流れから、これは代々木会館の屋上だと考えられますが、実際の代々木会館に神社は無いようなので、あくまで代々木会館はモデルでしょう。

左奥にパークハイアット、右奥に新宿ミライナタワーが見えます。正面の縦に細長いビルは、手前が小田急ホテルセンチュリーサザンタワー、奥がJR東日本本社ビル(サザンテラス)になります。
 
こちらは、代々木会館から北北西方向を望んでいると想定されます。


 
 
 

おわりに

 
この私、新海誠監督の基本的な作品は「ほしのこえ」からずっと見ているのですが、「秒速5センチメートル」、「言の葉の庭」、「君の名は。」ではいずれも新宿が登場します。
 
今回の作品も、代々木という新宿にほど近い場所がかなりキープレイスになりそうです。


蛇足ですが、個人的に一番好きな新海作品は、ぶっちぎりで「秒速5センチメートル」です。もうこれは本当に好き。One more time,One more chance を聞いたら全身のDNAが震えます。

次点で「雲のむこう、約束の場所」か「星を追うこども」。

で、最近の「言の葉の庭」や「君の名は。」はあまり自分好みではありません。昔の新海作品の、見終わった後の何とも言えない辛い感じがたまらなく好きだったのですが、おそらく方針転換されたんだと思います...残念だ、、、