冴えない東大院生くるまっさのブログ

資格試験や大学院入試の対策方法の紹介を中心としたブログ

英会話に100万円かけた私が1週間のセブ島留学に行った結果



先月末に、以前からこの記事で告知していたセブ島への英語レッスンに行ってきましたので、感想を書きます!

ちなみに、私は大学1年の春から2年間ほど、マンツーマン英会話に通っていたことがありますので、こちらとの比較も行います。

 

 

セブ島レッスン内容

私が通ったスクールの内容は以下の通りです。

  • レッスン時間は1日あたり50分×8コマ(400分/日)
  • レッスン毎にテーマが決まっている(ex. Listening, Speaking, Grammer, Pronunciation, TOEIC,...)※こちらは自分で選択可能
  • 講師は全員フィリピン人(9割以上が、20代~30代の女性)
 

私はこちらを5日間(月曜日から金曜日にかけて)受講しました。

※ただし、月曜日は1コマ目がガイダンス、2コマ目がテストで、金曜日は午前中のみレッスンのため、受講した純粋なレッスン数は34コマ。



セブ島レッスンの効果

効果はあります。さすがに1週間海外にいて英語を話し続けていれば、効果が無いということはありません。

ただし、その効果の内容については精査する必要があると思っています。というのも、英会話レッスンを重ねると、確かに英語を話すことに慣れてくるのですが、語彙力や文法力を含めた「表現力」が向上しているかといえば、必ずしもそうとは限らないからです。

私のセブ島留学の結果として現時点で感じているのは、

  1. 英会話への抵抗感はかなり減った
  2. 事前に覚えていた表現を実際に繰り返し使用することで、その表現を使いこなせるようになった
  3. 語彙力はほとんど増えていない(話すことに必死で、新しい単語を覚える余裕があまりなかった)
  4. 今後使えそうな表現をいくつか覚えたが、これは日本でもできる


といったところでしょうか。ちなみに、これはセブ島留学に限らず、日本でのマンツーマン英会話でも似たようなものになります。


日本での英会話レッスンとの比較

では、国内の英会話スクールとの比較を行ってみたいと思います。

  • レッスン自体は、日本で受けられるマンツーマン英会話レッスンと大差ない
  • 会話する機会は非常に多く設けられているので、うまく利用すればかなり効果がある(と思われる)
  • 日本でのレッスンに比べて費用が非常に安いので、費用対効果は高い
 

まず、レッスンの内容ですが、セブだろうが日本だろうが大差はないと思いました。考えてみれば、当たり前です。場所が違うだけなので。

 

ですから、たとえば1時間だけのマンツーマン英会話レッスンを受けるのであれば、セブであろうが新宿駅の近くだろうが、効果は同じだと思います。

 

もちろん、独特の指導を行っているレッスンがあれば別ですけれども。(そのような「教え方」にこだわったレッスンは、日本国内のほうが充実しているような気もしますが、どうでしょうか)

 

 

セブ島でのレッスンの最大のメリットは、「集中的」という点にあると感じました。

 

私の通ったスクールは、1日あたり50分のレッスンが8コマあります。

私の場合、月曜日から金曜日の午前中までの36コマでしたので、合計で1800分の英会話レッスンを受けたことになります。日本で英会話教室に通いながら1800分の英会話レッスンを受けるとなると、おそらく半年程度かかるのが普通だと思われますし、費用も50万円程度はかかるのではないでしょうか。


それに対し、今回のセブ島のレッスンは、1週間で完結してお値段も「宿泊費とレッスン代を全て含めて9万円」という驚きの安さ!!これはセブ島留学ならではです。


セブ島留学を効果的に利用するために

 

セブ島留学の利用目的はそれぞれだと思いますので、一概には言えませんが、一般的には事前になるべく多くのインプットをしておくことが極めて重要です。

 

短期間に覚えられる知識は限られているため、ボキャブラリーや文法などは事前に日本で覚えて、セブ島ではアウトプットに集中するのが良いかと思います。

これは、国内の英会話レッスンでも同じでしょう。

 

結局、セブ島留学ってどうなのか?

少なくとも、日本で英語を話す機会が少ない人にとっては、この集中的な会話練習はかなり有意義なものになるかと思います。

 

ただ、私は2回目行こうとは思わないですね笑。大学院で英会話をする機会がかなり増えてきましたし、セブ島留学の雰囲気をつかめたので満足です。

加えて、やはり海外に長くいるのは疲れます。外出や食事、水に神経を使わなければいけないのが結構ストレスになるんですよね…。

 

 

(おまけ)セブ島はリゾート地ではない

私が行ったのはセブ島の中心部であり、夜になるとストリートチルドレンが交差点に停まっている車の窓をたたいて金品を要求してくるような場所です。

信号がなく、道路を渡るときは車がビュンビュン走っている道に飛び出して車を止める必要があります。

一緒にレッスンをしていたおば様たちはこれができずに、道路を渡ることをあきらめていました。(普通に危ないです)

 

いわゆるリゾート地としてのセブ島とは全く違う場所です。と言いますか、日本人の思い描くセブ島は「マクタン島」という別の島なんですね。

 

なので、レッスンがある日ににリゾートで遊ぶことはほぼ不可能です。(マクタン島まではタクシーでおよそ1時間弱、渋滞があると2時間以上かかる。)

 

  

というわけで、今回はセブ島留学の感想を述べさせていただきました。

 

お安いですし、気になる方は是非行ってみてください!

  

それではまた。