冴えない東大院生くるまっさのブログ

資格試験や大学院入試の対策方法の紹介を中心としたブログ

海外旅行で外貨が必要なら、「外貨両替ドルユーロ」がおすすめな理由



ついに、以前から申し上げていたセブ島への語学留学(1週間だけ)に、今週末から行ってきます!!

 

【追記:セブ島留学の感想は以下の記事をどうぞ!】

 

www.kurumassa.xyz

 



で、セブ島に向かうにあたり準備をしていたわけですが、海外に行く際にいつも悩むのが「外貨両替」です。

 

今回は、「外貨両替ドルユーロ」というサービスを利用し、かなり便利だったのでレビューいたします。

 

私は今までどのように両替していたか

私は今までに、3回海外に行ったことがあるのですが、初めてのときは何もわからず成田空港で両替をしました。

これですと、少し割高(損)なレートですね。(でもめちゃくちゃ手軽です)


2回目の海外行きの時、今度は自宅の近くの「大黒屋」を利用してみました。

意外に思われる方が多いかもしれませんが、大黒屋は外貨両替をやっている店舗が多いですし、レートも悪くありません。


3回目の海外行きの時は、「マネーパートナーズ」というFXを用いた外貨受取サービスを利用しようと考えました。

こちら、かなりレートが良い(1番いいくらい?)です。しかし、マネーパートナーズでは、受取申込みから受取可能になるまで、4日間から11日間かかり、私が両替しようとしたときにはもう間に合わない状況でした。(結局、この時も大黒屋を利用しました)


外貨両替ドルユーロは良かった

そして、今回はマネーパートナーズでは取り扱っていないフィリピンペソであったため、
外貨両替ドルユーロ」というサービスを使いました(実は今回も気づくのが直前過ぎて、どうせマネーパートナーズは間に合わないタイミングだった)。


外貨両替ドルユーロの(私が思う)主なメリットは、以下の通りです。
  • 17の外貨に対応(フィリピンペソもあり!)
  • 24時間注文可能
  • 最短で翌日、遅くても3日後に自宅に郵送されるhttps://doru.jp/qa/2012/06/post-1.html
  • レートが良い

自宅からネットでポチっと注文して、翌日には到着しましたので、利便性は非常に高いと思います。

翌日に書留で郵送されてきた


また、レートに関して、「外貨両替ドルユーロは、日本一お得なレートを目指している」と公言しており、また現地でクレジットカード決済するよりもお得であると書かれています。(https://doru.jp/merit/cheep.php
 


さて、フィリピンペソも用意できたので、気合入れてセブで英語を学んできたいと思います。
それでは、また!